バックナンバー
  • トップ

通信制高校を選ぶときのポイント

皆さんは、最近新しい高校の形として、選択肢の一つになっている通信制高校についてご存知でしょうか?公立の高校とどう違うのかを比較しながら通信制高校の魅力についてご説明したいと思います。大きな特徴の一つとして通信制高校は公立高校と比較し、少ない出席日数で卒業資格を取ることができます。通常、レポートの提出と年に数回あるスクーリングに出席し、試験をうけることで卒業できます。このようなことから、スポーツ選手などの方は通信制高校を選択することがあるようです。もちろん、学校によっては生活スタイルに合わせて通学(スクーリング)を毎日、もしくは週に数回というように公立高校とあまり変わらない学生生活を送る事もできます。また、その場合は人数が公立高校に比較すると少なくいです。そのため、先生との距離が近く、人間関係が苦手であったりする生徒さんにも手厚くサポートが回ります。学校により、進学を強化していたり、IT系の学習を取り入れていたり、不登校の生徒のサポートに特化していたりと学校ごとに特色があります。これから通信制高校を進路の選択肢の一つとする場合は、情報収集をして生徒本人にあった学校を見つけることが大切になります。

↑PAGE TOP